迷える会社員のレクイエム

来た時よりも美しく

23歳女ヨーロッパ独り旅・まとめ

ボンジュールみなさん

仕事を休んではや2週間とちょっとが経ってしまった。今日で7月も終わりですね。

 

仕事を休んだあと、まずはドイツ→オーストリア旅行に12日間も行ってきました。

英語もドイツ語も全然喋れないし(英語に関しては平均以下まじで出来ない、ドイツ語は大学の授業でちょっと勉強したから超簡単な単語なら分かるものもある)、ヨーロッパ独り旅とかめちゃくちゃ不安だったけど、今バックパック流行ってるし、言っても日本人割といるだろうし、せっかくの長期休みなので「まあいけるでしょ〜死なんかったら大丈夫」くらいのノリで決めました。あと仕事休んで海外一人旅って、"自分探し"っぽくない?

 

何処行って〜みたいな話は面倒なのでしません(気が変わったらする)が、せっかくなのでブログにも何か書いておこうと思ったので更新します。

 

 

①独り旅はとにかくめちゃくちゃ寂しい

私、自分がものすごく寂しがりなことを忘れていた。というか海外行ったらさすがに寂しがってる暇ないかと思っていたけど、考えが甘かっためちゃくちゃ寂しい。

一人でルンルンできたのは、到着して12時間くらいかな…。ちょっとだけ周りに慣れてくると、この感動を誰かと共有したい欲求が溢れてくる。綺麗なもの見てもひとり、美味しいもの食べてもひとり、買い物してもひとり、言葉わからなくてうろたえてもひとり、宿についてもひとり、起きてもひとり、寂しくてもひとり……

 

 

②ゲストハウスは陰キャにとって地獄

「海外バックパッカーは安いドミトリー宿に泊まるのが普通」だと思っていたので、私ももちろん安いゲストハウスに泊まりました。それにイメージでは「同部屋の人たちと仲良くなって旅満喫!いろんな話をして楽しかった〜!」めちゃくちゃバックパッカーっぽいやん?

f:id:dakishimete-bwk:20180731191458j:image

2日目に泊まったかわいい宿

しかし陰キャは海外に行っても治らない。初めは私も勢いよくルームメイトに挨拶してみるけど、その後会話は続かず、すぐに陰キャ化し、ベッドに籠る。そして部屋から出ていくルームメイト。そもそもパリピはあまり部屋にいない。みんなどこ行ってん、私と友だちになろうよ…。

夜はゲストハウス併設のバーでドリンクが一杯貰えるらしい。まあ何も行動しないのもアレだし、ドリンクも貰えるしと行ってみるも、そこはほぼクラブハウスだった。バーのカウンターで語り合うヨーロピアン男女(肌の露出が多い)、数人でビリヤードを囲むチャイニーズ、フロアに鳴り響くミュージック、店内奥の方で踊るパリピ。日本でもクラブなんか行ったことないのに馴染めるわけないやろうが…。バーでオレンジジュースを貰い、店内の端っこの暗い席で3秒で飲み干し、すぐに部屋へ帰る。ここは私の暮らせる場所じゃない…。

 

友だちができないのは陰キャだけが問題ではない。勇気を出してルームメイトに話しかけた&話しかけられたこともあったが、今度は英語力がないので言葉もあまり通じず会話が続かない。相手の自己紹介「I'm 〇〇〇(名前)」すら聞き取れず、5回ほど聞き直してしまった…そしてもう名前は覚えてない、ごめんなその時の西洋人男性…。

 

そして私はベッドでスマホゲームをし、22時就寝7時起床、1番に宿を去っていく。「あのアジアンガール、クソ陰キャじゃない?何のために旅行に来てるんだ?」と思われたに違いない。大丈夫、それでも構わない。どうせ二度と顔を合わせることがない人たちさ…。

 

このままドミトリーで過ごし続けると精神的に参るんじゃないかと思ったので、今後は個人部屋に泊まれないか調べてみました。別にゲストハウスのドミトリーが極端にめちゃくちゃ安いってこともないし、毎日1000円〜2000円ずつくらい多く払えば個人部屋のホテルもある。

結局、初めの3泊くらいはゲストハウスのドミトリーに泊まったんですけど、知らない人と一緒に生活するってうるさいしめちゃくちゃ気を使うし、精神衛生上良くないので、それ以降は一人部屋に泊まることにしました。ナイス判断、ファインプレー。

 

 

③バカンスの楽しみ方を知る

現地滞在10日間のヨーロッパ旅行は、毎日ひたすら観光をするのもしんどい。せっかくなら時間面でもめちゃくちゃ贅沢をしようと思った。

 

朝はカフェでブランチ。ブレックファストメニューは日本円で1000円〜1500円ほど。ヨーロッパのカフェは物価が異常。まあめちゃくちゃ美味しいので、ひとりで写真撮って「うめ〜」と思いながら人物観察をする。何言ってるかは全然わからないけど、店員さんの機嫌が良く、ルンルンしてる人が多かった気がする。チップ文化恐るべしですね。

f:id:dakishimete-bwk:20180731191704j:image
f:id:dakishimete-bwk:20180731191707j:image

おしゃんなヨーロピアン朝食たち

 

ヨーロピアンは晴れた日は公園で日光浴をしている。(雨の日が多いから、晴れた日は嬉しくてみんな外に出るらしい)

夏だけど乾燥して涼しくてめちゃくちゃ気持ち良い、日本でいう北海道みたい。

f:id:dakishimete-bwk:20180731192053j:image
f:id:dakishimete-bwk:20180731192107j:image
f:id:dakishimete-bwk:20180731192102j:image

水着着て焼いたり、読書したり、昼寝したりしてる

めちゃくちゃいい芝生、そして公園が多い。公園でぼーっとしたり読書したりしたのが独り旅中一番楽しかったなあ…。

その後は気が済んだらご飯食べて宿に帰ってぼーっとして寝るだけ。

 

人生で初めてのバカンスは教わってなくても慣れたら出来た。「ヨーロッパまで来てるのにダラダラしてる」というのが一番の贅沢なんじゃないかと思って、観光もほどほどに、思い切ってバカンスして良かったです。

 

まとまりがないけどそろそろこの辺で終わりにしましょう。

後は日本人のバックパッカーは全く会わなかったのと、建物を見てヨーロッパって本当に地震が来ないんだなあと思ったことくらいです。

よく海外に長期滞在した人が言う「海外行って価値観が変わった!!」っていうやつも少し期待したかったけど、全然価値観は変わらなかった(当たり前)。現地滞在10日間で23年間培ってきた価値観、簡単に変わってたまるかよ…

 

もちろんいろいろ観光もしたし、他の人と話すこともあったし、最後3日間はドイツに留学してた友だちと合流できたし、めちゃくちゃ楽しかったのでご安心ください(?)

 

ただ、二度とひとりで海外旅行なんか行かない!!!

 

おしまい