しゃいそたんのブログ

来た時よりも美しく

会社のオバチャンとのおしゃべりが苦手

今日も一日お疲れさまです

 

今日ふと、会社のオバチャンとの何気ないおしゃべりが苦手だなあと思ったので、その話をします。

 

会社には「良いオバチャン」って一定数いるじゃないですか。あったらよく世間話をしてくれる、お菓子をくれるようなオバチャン。そういう人と長めの立ち話をするのが苦手なんですね。あ〜こんな話をしたら嫌われそう。

いや、そのオバチャンのことが嫌いという訳ではなく、むしろ好き、めちゃくちゃ好きなんですけど、そもそも得体の知れない人と立ち話をするのがあんまり得意じゃない気がします。

いや得体は知れてるんですけど、向こうが私のことどう思ってるかが分からないから、どんな反応をしたらいいのかわからない。多分これが原因な気がするな。

こちら側として、どんなテンションでオバチャンに接して行ったらいいのかわからない。オバチャンは私のこと好きだから話しかけてるの?誰でもいいから話したいの?ねえ私のこと好き?私のこと本当に好きなの?!

 

と、ここまで書いて思ったけど、いくら良いオバチャンでも、嫌いな人にはそもそも話しかけないよな。なんだ私のこと好きじゃん…

 

たしかに気難しい若い女よりも、なんか分からんけど明るくて、めちゃくちゃ向こうから話しかけてくれる若い女の方が印象いいよな。まあ私は気難しい若い女なので、それが難しいんですけど…

 

気心知れた人とぺちゃくちゃおしゃべりするのはすごい好きなんですけどね…本当よ…信じて…めちゃくちゃ好きよ…

 

なんだかよく分からない回になってしまいましたが、文章を書くことで頭の中は整理されていくのであります。

明日から気難しくなく、明るくてニコニコフレンドリーな若い女になるぞ〜!

 

以上、おしまい

今朝の地震の話

みなさんこんにちは

今朝の近畿地方地震、大丈夫でしたか。

わたしが住んでる箕面市震源に近くてめちゃくちゃ揺れました。

震度6弱地震を経験するのは生まれて初めてだったので、不謹慎になるかもしれないけど日記がてら書き残しておこうと思います。

 

地震が起こると、まずめちゃくちゃ焦る

地震が起こったのは、月曜の朝 憂鬱ながらさて家出るぞ〜と思っていたちょうどその時、ドーンとなったと思ったら家がガタガタし始めて、これはなんだ、ただ事では無いと。とりあえずやばいと思ってベッドの下の狭い隙間に頭を突っ込んだ。心の中で「え?意味わからん意味わからん」と思いながら、ガクガクブルブル震えておりました。そうするとスマホ緊急地震速報が流れて「あ、これが大きな地震か。実際に起こりうるのか。」と思ったね。

正しいかは別として、ほぼ反射神経でベッドの下に飛び込んで体を守ったのがすごい。学校でちゃんと避難訓練してないと、まず物の下に隠れて頭を隠すっていう考えにならない。

 

②バスは強い、普通に出勤できる

やっと地震がおさまりベッドの下から頭を出して、そういや外の状況は??!と思ってドアを開けるといつもとほとんど変わらない景色…なんで??!めちゃくちゃ揺れたくない?!人々は何故慌てふためかない??!と思いながら携帯を見ると、とりあえず課の人はみんな無事で出勤している様子だったので、仕方なく私も出勤の準備をする。部屋に散乱した物を何となく片付けて、心がザワザワしながらもとりあえずいつものバス停に向かう。バス停に向かう途中、留学生たちがアパートの外に出てるのを見て「そうよね〜それが普通よね〜」と思う。何故かいつも通り動いているバスに乗って出勤。各種電車が止まっている中、バス強すぎ…バス停が人で溢れかえることもなければ、イライラして怒号振りまく人もいないので快適に出勤出来ました。

 

③社会人は偉い

会社に着いてからが大変。まず停電で建物に入れないので、外で作業。本日会議予定の人に電話をして、今日の会議は中止であることを伝える。混み合う電話回線。鳴り止まぬ救急車サイレン(近くに病院がある)。(韻踏んでる)

そんな中、社員を率いて指示を出す安全対策本部の人。すげえわ。わたしなら自分のことだけ考えてとりあえず家帰るか、みんな大丈夫かなあとぼーっとするもんな。

 

そんな中やっと、無事電気の復旧作業が完了して会社の中に入ることができ、壁が崩れた箇所を見ながら本当に地震はあったんやなあと実感し、ちょっとだけ作業をして、昼から帰宅命令が出たので退社した次第です。

 

「こんな地震の中、働きに出てるのまじで頭おかしい」と思っていたけど、よく考えれば通勤バスが通常運転してなかったらもっと交通状況に混乱が出ていたし、電気の復旧作業してくれなかったら一生会社に入れなかったし、電車の復旧作業してくれる人がいなければ一生帰宅難民が出続けるし、食べ物飲み物売ってくれるコンビニスーパーがなければそこは無秩序のカオス状態になるし、報道の人が動かなければそもそもどれくらいの被害状況があるのか分からなかったし、いや日本の社会人すごいな??!わたしは休んでたかったですけど…

皆さん本当にありがとうございます。本当にお疲れ様です。

 

----------

 

地震から数時間経ってようやく心のザワザワも落ち着いてきました。

いつ揺れるか分からない状況で普通に生活するのって無理よね、どうしてもソワソワしてしまう。

これ以上大きい地震は起きませんように。これ以上被害者は出ませんように。みなさんもお気をつけて。

おしまい

我慢するのを辞めたらストレスがフリーになった話

ごきげんたいへいよう

さて金曜日です、みなさんおめでとう!

 

私は今日はフレックスで午前勤務のみ、最高かよ!今月全然残業してないのに大丈夫かな!?

 

いきなりですが、社会人ってストレス溜まるよね。

社会人になってから周りの人に変に気を使って、嫌なことを我慢することが多くなった気がする。わたしの場合、学生時代とは桁違いでストレスを感じるようになりました。

社会人1年目の時は「これが社会人か...」と諦めて現状を受け入れていたけど、1年間経っても全く慣れず、むしろストレスは溜まるばかりの毎日。これでは駄目だと、我慢することをちょっとずつ辞めていったら、若干ストレスがフリーになったので、今回はその事について話していきたいと思います。

 

①昼食時のストレス

私が所属してる課は人数が少ないからか、私が入社する前から、課全員でお昼ご飯を食べるという風習がありました。入社当時は同じフロアに同期も知り合いもおらず、「毎日昼食に誘ってくれるなんて優しい!!!」と思っていたけど、毎日食べるとさすがにめちゃくちゃ飽きてくる。というか、50過ぎのおじさんと20代女性で毎日毎日喋ることなんてねえわ…(悪口かも)

しかも、明らかに私だけ食べるスピードが遅いのね。毎日「すみません食べるの遅くて…」と言いながら思いながら昼食時間を過ごすのは、今思えばめちゃくちゃストレスであった。

変化があったのは今年の4月からで、同期の女の子が同じフロアに異動になったので、勇気を出して今日からその異動してきた同期の女の子と一緒にご飯を食べますと課の人に伝えた。そうすると特に嫌な顔もされずOKいただいて、一気に昼食時のストレスがなくなった!すげえ!

いやたしかにお昼誰と食べるかなんて自由なんやけど、1年間一緒に食べてきたのにそれを断るのってなかなか勇気がいるのよ。

同期の女の子よ、うちのフロアに来てくれて本当にありがとう。まじ多大なる感謝…

 

②昼食の件を経て「もっと自分の好きにしてもいいんじゃない?」と思い始める

昼食の件はわたしにとってめちゃくちゃ大きな一歩であった。この際もうちょっと自由にしてみようと調子に乗って、我慢してたことをいろいろ辞めてみた。

・朝会社のエレベーターホールで挨拶をするのを辞めた(元々挨拶しても全然返ってこない)

・"参加自由"と言われてるけど9割の人がしている朝のラジオ体操をしない

・仕事中イライラすることがあったらトイレに数分引きこもって携帯をさわる

・仕事中お腹がすいたらデスクでお菓子をつまむ

・それ無駄じゃない?と思ったことは先輩や上司に伝える

・昼休みはちゃんと丸々休む(前はみんな早めにデスクに戻って仕事してた)

・早く帰りたい日はちゃんと早く帰る、周りに気を使って無駄に残業しない

内容の良い悪いは置いといて、今まで我慢してたことをちょっと辞めてみると、めちゃくちゃ気持ち的に楽になったのだ!

 

ほかの職場がどんな環境なのか分からないので、わたしのこの変化はすごくちっぽけというか、「そんなことに気を使ってたの?!」というレベルなのかもしれないけど、新卒で会社に入ってみるとそこの環境しか分からないからね〜視野狭くなっちゃうよね〜

周りの人に嫌われたくない一心で1年目の時はいろいろ我慢してたけど、別にわたしが何をしようが誰も興味ないし、そもそも好かれる必要も無いよね。そりゃあ出来れば好かれたいけど、めちゃくちゃ好かれたいけどな!!でも我慢してまで好かれようとしなくても、そのままで好いてくれる人もいるよ、知らんけど。自分の心の健康は自分で守っていこう。

 

というわけで、職場環境がちょっとだけ楽になった話でした。まあでも社会人自体は全然まだ楽しくないですが。

それではまたお会いしましょう。

おしまい

ロックを聞かない君が聴いている音楽とは

みなさんこんばんは

本日、年休をいただいたたいなかです

 

今回は、最近はまってしまったあいみょんの『君はロックを聴かない』について話したいと思います

 

 

この曲は「好きな女の子への想いを募らせる男の子の青春の片思い」を歌った曲で(Wikipediaより)、サビの入りの「君はロックなんか聴かないと思いながら〜」という歌詞が印象的な甘酸っぱい感じの曲なんですけど、さてみなさんここでひとつの疑問が生じませんか?

「この曲はロックなのか」という疑問が…

恐らくこの曲の主人公は、普段ロックしか聞かない男の子で、好きな女の子に音楽の話をしようとするけど彼女はロックを聴かないから何話したらいいか分からない、ということですよね?ということは、その男の子が出てくるこの曲はロックである可能性が非常に高い。

そしてその次に浮かんでくる疑問は、

「そもそも、"ロック"とは何か」だと思います。

ロックとは何か議論は、今まで様々なところで論じられてきたと思いますが、今回はこの『君はロックを聞かない』を題材に、改めてロックとは何かについて(浅めに)考えていきたいと思います。

 

①そもそもロックとは何か

Wikipediaによるとロックの特徴とは、「エレキギターエレキベース、ドラム+αの楽器で演奏される音楽」みたいな感じで書かれています。

いや曖昧〜〜それの定義でいくと関ジャニとかTOKIOもバンド演奏なのでロック?

そしてロックフェスの常連であるCreepy NutsはMCプラスDJだし、SEKAI NO OWARIも演奏形態的にはロックではない。

おそらくロックの定義はそれだけではなさそうです。

 

恐らく演奏形態だけでは定義できないロック。ここでロックとは精神論説が浮上します。

さらにネットをサーフィンしてみると、そもそも「ロックンロール」という名称ができた1950年代当時のアメリカでは、黒人と白人を繋げたのがロックンロールだ!みたいな記述がありました。(めちゃくちゃ簡単にまとめた)

なので、ロックンロールとは「開かれた音楽」「自由さ」みたいな意味合いがあって、その精神をロックも受け継いでるみたいな感じじゃないですかね?OK、それでいこう。(難しくて面倒になってきた)

 

ここまでをまとめると、ロックとは「バンド演奏で、かつ自分の気持ちを自由に歌った音楽」ということになりました。

 

②『君はロックを聞かない』はロックか

さて、ロックの定義が決まったところで、ようやくこの曲がロックかどうかの議論ができます。

演奏形態はバンド。そしてあいみょんはシンガーソングライター。自分の気持ちを自由に歌っている、オッケー!合格です!

 

③では、彼女は何の音楽を聴いているのか

それでは、「ロックを聴かない君」は何を聴いているのでしょうか。

 

(1)アイドル音楽

アイドル音楽の多くはバンド演奏ではないし、多くは自作の曲ではない。ジャニーズ系かK-POPあたりを聴いている彼女が想像できます。

 

(2)EXILE

上記と同じく、EXILE系の音楽もロックではない。ワイルドでかっこいい男が好みの彼女。曲の主人公の「僕」に勝ち目がない可能性も高いですね。

 

(3)クラシック音楽など

普段からクラシック音楽聴いている女子もたまにいるよね。他にはどっかの国の民族音楽とか聴いている可能性も。マニアックな趣味を持つ彼女に好感が持てる。詳しく話を聞いてみたい。

 

(4)音楽は聴かない派

全く音楽というものに興味が無い彼女かもしれない。そもそも音楽の話をしようとする時点で検討外れですぞ。もう一度出直してください。

 

 

-------------

まとめ

軽い気持ちで書き始めたのに、気付いたらものすごく多くの時間を費やしてしまいました。

ロックの定義については諸説あると思うし、自分の定義が合っているとは全く思っていないので、詳しい人は教えてください。

おしまい

今日はもうなんだか疲れた

今日も一日お疲れさまでした

 

今日はもうなんだか疲れた

もう何でイライラしたか忘れたけど、イライラしてる感覚だけ残って頭が痛い

何故わたしはひとりでこんなところでイライラしてるんやろうと、最後には虚しくなってしまった

 

こんなしんどい日は、

好きな音楽聴きながら帰って、

帰り道にケーキ屋さんで好きなケーキを買って、

晩ごはんはコンビニで好きなもの買って楽して、

ご飯食べたらお母さんに電話して、

ちゃんとお風呂入って顔パックして、

ちょっとだけ泣いてから寝よう、

そうしよう

 

しんどい時にブログ更新したくなるので、暗い内容ばっかりに見えてしまってるかもしれないな〜わたしは元気です!(?)

 

明日だけ、もう明日だけ頑張ればおやすみなので

みんな疲れてると思うけどがんばろう

短いけど今日はおしまい

 

オンラインサロンなるものに入ってみてやっぱり辞めた話

こんばんは。早速ですが、今回はオンラインサロンについてのおはなしです

 

オンラインサロンとは、簡単に言うと「月額会員制で、ネット上で展開されるコミュニティ」のことで、お金を払って入会するので、"同じ目的を持っているやる気のある人"が集まって情報交換をしているようなイメージを持ってもらえればいいかと思います

そんなオンラインサロンが流行っていると聞いて、ミーハーな私が4月に「箕輪編集室」に入会して2ヶ月で退会した話です

 

f:id:dakishimete-bwk:20180601222801j:image

私が入会した「箕輪編集室」というのは、幻冬舎の敏腕編集者で『お金2.0』とか、ホリエモンの本とか、今売れてるビジネス本の多くの編集をしている箕輪厚介という人が運営するオンラインサロン。数あるオンラインサロン界の中でも、わりと人気がある方だと思います

わたしが5月末に辞める前に確認した入会者数は1000人ちょっと。1ヶ月の会費は5940円と高めです

 

入会者は何をしているかというと、Facebook内のグループに所属して、2ヶ月間見ていた限り入会者同士でイベント作って会ったり、箕輪さんが「こんな〇〇したい」と言ったことを実現させたり、箕輪さんが「〇〇な画像作って」と言ったものを作ったりしている感じです

 

じゃあその中で私が何をしたかというと、特になにもしておりません(だから辞めた)

1回だけ参加したイベントがこちら、新歓イベント〜

f:id:dakishimete-bwk:20180601215738j:image

(普通にSNSで公開してるしたぶんあげて大丈夫)

ピースして楽しそうに写ってるのがわたしです

入会して何もしないのももったいないなあと、たまたま日程が合ったので行ってみました

 

行ってみたら行ってみたで、新しいコミュニティで知り合いが出来たり、同世代で意識高いすげえ人と出会ったり、今まで会ったことないような人種と会えたりすることもあるっちゃあるかなあと、まあめちゃくちゃ人によるかな、好奇心バッチバチの陽キャにはおすすめかもしれません

 

新歓イベントやFacebookでの様子を見ている限り、自分がめちゃくちゃ能動的に動けばいろんなことができていろんな人との繋がりができて、フットワークが軽ければ普通に箕輪厚介に会えたりする、つまりは自分のやる気&興味次第でいろいろ活用できそうな、"会費が高い大人のサークル"という感じかなと思います

 

ただ、お金を払ってまで箕輪さんの仕事手伝う…というのがわたしにはあまり理解出来きず、みんなそのやる気どこから出てくるの?と思いながらFacebookから来る更新通知をただ見ていた2ヶ月でした、影響力ある人ってやっぱりすごいな?みんな自らお金払って仕事しに来るんだもんな?

 

1ヶ月で約6000円飛んでいくのは普通にしんどいし、そもそも関西在住の会社員が積極的に参加するのはちょっと厳しいし、そもそも編集にそんな興味ねえと思ったのでわたしは2ヶ月で辞めました、社会人になって会社以外の新しいコミュニティに所属するのも面白いかなと思ったけど、今回はあんまりうまく行きませんでしたね

 

なにか同じ興味を持った人が繋がるようなオンラインサロンは、自分にハマればめちゃくちゃ楽しいと思うので、みなさんも時間とお金に余裕があれば行ってみてください、楽しいかも知れません

 

おしまい

最近イライラしている話

5月もお世話になりました。

なんか梅雨っぽい気配がジトジトしてますね。

 

さて今日は最近わたしがイライラしているという、ただそれだけの話です

 

普段あんまりイライラしないタイプ、というかたぶんイライラしてもそれを解消できるタイプだと思ってたのですが、どうやらそんなことないみたい

 

ひとつめ 仕事にイライラする

6月に実施する、あるイベントの企画をほぼ全投げされたのね、まず全投げはおかしくない?ヌルッと押し付ける能力高すぎるよパイセン…

一人で出来るわけもないからパイセンに相談するけど、「そもそも自分で何がやりたいか明確にしないとダメじゃない?」といわれた

『まあそうなんですけどォォ、そもそも私ひとりに押し付けたことまだ根に持ってるしィィ?!やりたいことなんかねえわ!!!!』と心の中で泣き叫びながら「はい、そうですよね…しゅみません…」と引き下がる

仕事ってなんだろう…働くとは…?やりがいとは…?人生とは…?就活生の皆さん、わたしといっしょに考えませんか?

 

まあなんやかんや形になって、明日と明後日が本番なわけで、それだけが無事に終わってくれればあとはなんだっていいのだ(ハム太郎🐁)

本番に向けてしゃべる練習をしないといけないのに、家に帰ると全くやる気が出ないのだ(ハム太郎🐁)

お風呂に入ってさっさと寝たいのだ…(ハム太郎🐁)

 

 

ふたつめ 人にイライラする

最近、周りの人にイライラしてしまうことが多くてとても悲しい

先ほどの仕事の件もそうだし、なんか合わない人ってやっぱり合わないのねということを23歳にしてようやく実感しています、本当はみんなと仲良くやりたい。苦手な人なんか作りたくない…

今まで気の合う素敵な人たちと出会えていたことにありがとう。感謝感激レボリューションなのだ(ハム太郎🐁)

 

 

社会人になったらやりがい持って働いて、素敵な仲間と出会って、イキイキ生きるのだ〜なんて思っているハムちゃんずのみんな!そういう人もいるけど、そんなことない人もちゃんといるよ〜〜!!

なので怖がらず社会に出てきてね、私と仲良くしましょう。(して欲しくないとか言わないで…)

おしまい