迷える会社員のレクイエム

来た時よりも美しく

最近調子がいいと思っていたのは嘘だった、からの今年のまとめ

最近はすっかり寒いし、思えばこの前からずっと調子が悪かったのかもしれない。

 

毎晩デパ地下でお弁当買うのもお金がかかるから、最近は家で晩ごはんを作るようになった。

晩ごはんを食べながら、ドラマの録画を見て、SNSを見て、お風呂のお湯を貯めて、週に何回かは洗濯をして、もう窓を開けるとずいぶん寒いけど、寒さを我慢して夜のあいだに外に干す。

 

千葉に一人で住んで、周りには友だちもいないし、毎日ドラマとSNSが友だちで、週に数回会えるようになった彼氏や、たまに遊ぶ学生時代の友だちに会うのを楽しみに毎日過ごす。

 

暇つぶしに始めた資格の勉強は思ったより大変そうで、でもせっかくだし頑張ろうと思えて、でも資格の勉強頑張ったところでもう学生じゃないから誰にも褒めてもらえないし、お金だけはものすごくかかるし、そもそも資格取っても何の役に立つかわからない。

 

有難いのか有難くないのか仕事も忙しくなってきて、ちょっとだけ残業をして家に帰ったらご飯食べてドラマ見てお風呂入ってSNSを見てなるべく早く寝るというルーティン生活も充実していいなと思って過ごしていた。

 

でも今日気づいたら、なんか全然面白くなくて、でも面白くないとか言ってる自分がもっとつまらなくて、意味の無い嫉妬とか劣等感を感じて、でも家には自分ひとりだし、友だちに相談するのも意味わからないし、というかまたいつもの何故か寂しいやつでしょって自分でも思うし、こんなこというとすごいメンヘラみたいだし、とりあえずなんか全部辞めたくなった。

 

けど、外に出て、今日星見えるかなあって空を見あげたら、都会にしてはとてもきれいに見えて、なんかすごく元気が出た。

ちょっと元気が出たら、そういえば明日は星野源のアルバムリリース日だし、もうすぐ給料日だし、もうすぐクリスマス&年末年始だし、年始には待ちに待った音楽もできるし、地元で会ってくれる友だちもいるし、家族にも会えるし、なんかすごく元気が出てきた。

 

会社で働くの、やっぱりすごく面倒だなあ。でもひとりでやっていける実力も勇気もやる気もさらさらないし、結局ひとりでいても寂しいだけだし、今の会社でゆるゆる働くのがいちばん良い気もする。まあお金がもらえたら当分はなんでもいいか。

 

 

2018年は、すごく大きな変化があったような、結局何も変わってないような、変わろうとする努力はしたような、それは変わらない努力だったような、そんな1年だったような気がする。

 

 

感傷的な気持ちで書いたのですごくポエミーなブログになってしまった…。ポエマーなので許してください。

 

今年は能動的に年賀状を出せたらいいなと思っていたのに、結局出さずじまいで終わってしまいそう。一人暮らしだと年賀状の準備の仕方がよくわからない。

 

年末に向けてばたばたするけど、みんな良い年越しが出来ますように。あ〜みんなに会いたい。みんな、良いお年を。みんなって誰だ…。