迷える会社員のレクイエム

来た時よりも美しく

「ハロウィンパーティしよう!」と誘う勇気

ハッピ〜ハロウィ〜ン!

ブログなら言える。

 

こんばんは。10月31日はハロウィンでした。

渋谷では仮装した若者が集まってワイワイ軽トラを横転させたり、大学生たちがSNSにかわいく仮装した自撮り(本当にかわいい)をアップしたり、私が元いた部署で行われたハロウィンパーティの写真が部署LINEで回ってきたり(タイミングがなくてまだ抜けられていない)していましたが、皆さんいかがお過ごしでしたでしょうか。

私は、東急ハンズに行ったら「ハロウィンイベントやってまして、『トリックオアトリート!』と言ってもらえるとお菓子をプレゼントしますので言って貰えますか??」と無理やり「ト…トリックオアトリート…」と言わされて、なんか飴をひとつもらいました。

 

 

私は意外とイベントごとが好きなので、できれば春にはお花見がしたいし、夏には海に行って花火がしたいし、秋は紅葉を見に行きたいし、冬は餅食べたいし、スノボに行きたいタチなのです。今回のハロウィンもそう、できればハロウィンにちなんだ何かがしたかったのです。

しかも今年はちょうど仕事がおやすみじゃないか。水曜休みの友だちなんか会社の人以外では滅多におらず、ダメ元で唯一気軽に声をかけられる友だち(シフト制で働いている)に声をかけてみたけど残念ながら仕事が入っており、1人で過ごすことが確定していました。

いや、待てよ。最近よく喋れるようになった職場の同期のかわいい女の子3人を誘って、おうちでハロウィンパーティしたらすごく楽しくない?!いやでも、もうそっちはそっちで何かイベントが決まっていて、私が誘うことで無理やり入れてもらう感じになるのもあれだしなあ…。

 

なんて考えていたら気付いたらハロウィン2日前。勇気を振り絞って声をかける。

「〇〇ちゃん、ハロウィンってなにかするの?」

「えっ、しないよ?逆に何かするの?」

「いや、しないけど…フフフ……(フェイドアウト)」

 

ですよね!!!大人の女性はハロウィンパーティとかしないよね〜〜!!!はい!ありがとうございました!!

あぶないあぶない、いきなり「ハロウィンパーティしよう!」なんて誘わなくて正解だった。変なやつだと思われるところだった…。

 

SNSではハロウィン盛り上がってるように見えるけど、現実はそうでも無いことに安心しながら、今日という一日を過ごしたのでした。たしかに、仮装している人なんて1人も見なかった。あれ、ハロウィンってやってた?渋谷とディズニーとUSJだけ??

 

 

まあ仮装して街を闊歩することは悪くないよ・・・。

青春を謳歌し、経済を回してくれ、若者よ・・・・。