迷える会社員のレクイエム

来た時よりも美しく

愛する関西から旅立ちます

こんにちは

素敵なお盆休みをお過ごしでしょうか

 

本日大阪のアパートを引き払い、いよいよ関東進出の日が迫ってきました。

 

高校までは滋賀、大学から社会人1年目は大阪で過ごし、思えば23年間ずっと関西で暮らしてきたんだなあ、遂に関西から出るんだなあ、となんとなくセンチメンタルな気持ちになったので更新します。

 

次いつ関西に帰ってくるのかわからないって、結構重要問題じゃない?

早ければ大学の学園祭のある11月、遅くても年末年始は実家に帰るのかな、さすがに帰るでしょう。それでも少なくとも3ヶ月は帰ってこないのよ?寂しくない?私は寂しい。

 

やっぱり関西と関東で違うところってあるじゃないですか。

こっちでは関西弁が普通なので方言で浮いてるとか今まで思ったことないし、エスカレーター右だし(地元の最寄り駅では右の時と左の時があるけど)、あとはなんだ、そう、電化製品の周波数も違うし…。味噌が赤とか白とか…。あれ、あんまり違わないか…。

 

今まで出会ってきた人の多くと離れてしまうのが寂しい。みんなそれぞれにめちゃくちゃおもしろかった。いや本当に、みんなおもしろかった。今まで出会ってきた仲良しはもちろん、あんまり気が合わない人も、社内の苦手な人も、みんなそれぞれおもしろくて、全くなにも面白みがない人なんかいなかったんだよなあ。

だからたぶん関東でもうまくやっていけると思うんですよ。たぶんこれから出会う人もみんなおもしろいと思うんですよね。なんとなくね、でもたぶんきっとそうだといいなあ。

 

あ〜最後にあそこに行っておきたかったなあとか、あの人に会っておきたかったなあとか、いろいろちっちゃな後悔はあるけれど、それは今後関西に帰ってくるたびにちょっとずつ拾っていこうと思います。

 

 

関東に住むことに対して意気込み過ぎておもしろい。今までも2週間に1回くらいは行ってたのに(行き過ぎ…)

意気込むのは良いけど、また仕事が始まっちゃうんよねえ、はあ〜〜絶望。

 

最後は実家のねこちゃんに挨拶してから旅立とうと思います。にゃ〜

 

それではみなさんごきげんよう

おしまい